【心に響くJ.Y.Parkさんの名言】夢に向かって頑張る全ての人に響く言葉

コラム
スポンサーリンク

ハマる人続出の『虹プロジェクト』。芸能界でもハマっている方が沢山いますね。

虹プロジェクトは韓国の有名プロデューサーJ.Y.Parkさんが日本発のガールズグループ発掘のために企画したオーディション番組です。

[Nizi Project] Part 2 #8 Highlights
J.Y.Park 人気グループを手掛ける世界的プロデューサー
2PMやTWICEを生み出したプロデューサーのJ.Y.Park(パク・ジニョン)。オーディション番組『Nizi Project』(通称:虹プロ)では総指揮を務めています。本記事では、歌手・プロデューサーとして韓国・日本のみならず、世界で活躍を続けているJ.Y.Parkを紹介します。

その中で注目されたのがJ.Y.Parkさんが練習生に発した言葉たち。厳しくも愛のあるその言葉は練習生だけでなく番組を見る人の心に強く響かせました。

今、夢を持って頑張っている人・仕事や趣味・ダイエットや自分磨きなど、どんな場面でもきっと繋がってくる言葉なので残して置きたいと思いまとめました!

スポンサーリンク

一人一人が特別な存在

J.Y.Parkさんの言葉の中にはこれを強調する言葉がとても多かったように思います。

「僕たちはみんな一人一人顔が違うように、一人一人の心、精神も違います。見えない精神、心を見えるようにすることが芸術です。だから自分の精神、心、個性が見えなかったらそのパフォーマンスは芸術的な価値がないです」(Part1第2話)
「僕は人の見えるところより、見えないところがはるかに大事だと思っていますので、想い、心、性格、そういうところを、言葉や、歌や、ダンスで表現できる人材に会いたいです。僕が一番好きな言葉なんですけど、”人の見えないところを見えるようにすることが芸術です”」(Part1第1話)
「スター性というのは実は特別な何かに恵まれていることではなく、自分のどんなところが特別なのかを知ること。すべての人は特別なので」(Part1第7話)
「コンセプトは必要ないです。僕たちはみんな元々特別だからです。だから、ただ自分らしくありのままでいてください」(Part1第3話)
「皆さんがここで26位になっても、脱落したとしても、皆さんが特別ではないということではありません。1位になっても26位になっても同じように特別です。このオーディションはある特定の目的に合わせてそこに合う人を探すだけで、皆さんが特別かどうかとは全く関係ありません。1人1人が特別じゃなかったら生まれて来なかったはずです」(Part1第7話)

一人一人が特別で、それを表現することが大切であるということですね。パフォーマンスで自分自身を表現できるということは自分自身が特別な存在であることを認めていなければ出来ないことです。そこで初めて自分の個性が見えてくるはず。

ダイエットや自分磨きをする時も他人と比較ばかりせず、まずは自分自身を認めることが大切だと私は思います。自分にしかない美しさに気づけてこそ、良い結果に繋がるのです。

「歌やダンスをするときに必ず自分が最高だと思うべきです。そうじゃなかったら見る人が没頭できません。」(Part1 第1話)

この言葉も、自分を認めていなければ出来ないことですよね。以降にも出てくる地道な努力と自分を認めるということが出来てこそ、ステージの上で自分は最高だと思えるのではないでしょうか?そんな見えない部分が表れてこそ見る人の心を掴むのではないかと思います。それが一人一人の魅力に繋がるのです。

自分も他人も大切に

練習生を全員集めて、デビューするにあたっての心構えを話した内容はとても反響がありましたね。とても難しいことだけど、これからの人生で心に刻んでおきたい言葉でした。

「今日はデビューのために本格的な準備をしている君たちに僕が必ずしておきたい話があります。僕が君たちに期待することは歌とダンスの実力が全部ではありません。それに劣らず持ってほしいものは、立派な人柄です。その理由は、君たちが世の中に良い影響を与えてほしいからです。本当に良い影響を与えたいなら次の3つを必ず実行してください。真実、誠実、謙虚。この3つがJYPが追及する価値です。真実は、隠すものがない人になれという話です。カメラの前でできない言葉や行動はカメラがない場所でも絶対にしないでください。気をつけようと考えないで、気をつける必要がない立派な人になってください。誠実は、自分との闘いです。毎日するべきことをすることです。自分自身にムチを打って、歌の練習、ダンスの練習、語学勉強などをずっとしていたら、それが積み重なって君たちの夢を叶えてくれます。謙虚は、言葉の謙虚や行動の謙虚ではなく、心の謙虚を意味します。自分自身が常に足りないと思って、隣にいるみんなの短所を見ないで、長所だけを見て心から感謝すること。それが謙虚です。この3つ、真実、誠実、謙虚は僕も今まで実行してきて、君たちもこの3つを心に深く刻んで、世の中に良い影響を与えるスターに成長してください」(Part2第7話)

J.Y.Parkさんが伝えたかった【真実・誠実・謙虚】これは話題を呼んだ言葉です。

『真実とは隠すものがない人。気を付けようと考えないで気を付ける必要がない人になりなさい。』

外面だけ良くてもどんなに着飾っていても良いことを言っていても、本当の姿が美しくなければいずれ表面にボロが出てくると私も思います。見えるものが本当の姿であり、それが美しいことが真の美しさということですね。

『誠実とは自分との闘い。努力が積み重なって夢を叶える。』

偽ったり胡麻化したり逃げたりせず、自分の長所も短所も認めて素直に誠実に努力をしていくことで必ず成長し夢が叶う。ということですね。勉強や仕事もそうですし、ダイエットや自分磨きにも重なりますよね。コツコツと努力をしてきた人こそが成功する。一日一日だけを見るとあまり進んでいないように思えたり、思うように進まなくて落ち込んだりするときもあります。それでも投げ出さず地道にコツコツと努力を積み重ねていけば必ず夢は叶います!

『謙虚とは心の謙虚。他人の短所ではなく長所を見て感謝をする。』

どうしても人は他人の短所ばかり気になってしまいがちです。そうではなく、長所だけを見ましょう。良いところを見ていくと自然と心から感謝できるようになれるはず。自分自身が特別な存在であるように他人も一人一人が特別な存在です。それぞれの良いところを認めて感謝をすることが大事ですね。

すべてをまとめると、自分のことも大切に他人のことも大切に。という風に私は解釈しました。

短所より長所を大切にする

J.Y.Parkさんはこんなことも言っています。

「短所がないことより、特別な長所が1つだけあることがもっと大切です」(Part1第1話)

短所は誰にでもあるものです。それがないことよりも、特別な長所が1つでもあることがとっても重要なんですね。その長所をもっともっと引き立たせ輝かせるには自分を知ることが大切。やっぱりJ.Y.Parkさんが何度も言っている「一人一人が特別」に繋がるんですよね。自分を知り認めることでそこを伸ばし更に成長していけるのです。

初心忘るべからず

「初心忘るべからず」という言葉が日本にも古くからあるように、初心はどんなことにおいても大切なものです。J.Y.Parkさんが練習生に伝えた数々の言葉もそんな思いが含まれているのではないかと思います。

「世の中で一番美しいのが、”新人の目つき”。切実さと夢がいっぱい入っている」(Part1第1話)

何かにチャレンジしようと思い立った時、それに向かって突き進んでいる時は、きっと夢と希望に溢れてキラキラともギラギラとも言える目をしていますよね。辛いことがあったりモチベーションが下がったり、諦めたり。そんな日々を過ごしていると、初めのころのキラキラギラギラした気持ちは失いがちです。また、夢を掴んだあとも同じく。

初めの頃の気持ちを時々思い出して、その時の自分が目指していた自分に今なれているのか?近づけているのか?確認してみるのも良い機会ではないかなと思います!

地道な努力こそが夢を叶える

J.Y.Parkさんが大切にしているもののひとつとして「地道な努力」が挙げられます。幾度となく練習生へ伝えていました。

「才能がある人が夢を叶えられるわけではありません。自分自身に毎日ムチを打って、自分自身と戦って毎日自分に勝てる人が夢を叶えられます」(Part2第3話)
「才能に恵まれているのは本当にすばらしいことです。しかし、それを発揮できないのは本当に残念なことです。才能が夢をかなえてくれるのではありません。過程が結果を作って、態度が成果を生むからです」(Part2第3話)
「大勢の人たちが夢を持っていますが、その夢を叶えて、またその仕事を一生やり続けられる人はそんなに多くないです。その夢を叶えるために一番大事なことは、毎日毎日、自分自身を管理していくことです。ダンスも歌も全て体でやっていくことなので、この毎日毎日、ある意味退屈でやりたくないことを、コツコツと繰り返す返すことができればその夢を叶えられるし、またそれを長く維持できると信じています。毎日しっかりやらないと自分の夢を叶えられないと思いましたし、また、守れないと考えています。今も。(Part1 第2話)

どんなに変化のない退屈と思えることでもこつこつと努力し続けていくことで必ず夢が叶い、それを持続していけると説いています。

仕事でもダイエットでもそうですよね。自分の努力を積み上げて掴んだものは持続します。才能があっても誰もが夢を叶えられるわけではありません。努力をしてこそ夢を叶えられるのです。

まとめ

J.Y.Parkさんの言葉は厳しくもありますが、すべての人において大切な事を教えてくれている気がします。だからこそ、言葉が胸に突き刺さる大人の方が多かったのではないでしょうか。

박진영 (J.Y. Park) "When We Disco (Duet with 선미)" M/V
最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったらはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加に登録をお願いします!

ブログランキングにも参加しています。投票していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


きれからのTwitterをフォローしてくれると嬉しいです。
最新記事のお知らせも出しています。
セラピストKaori

関東で女性専用ボディメイクメソッドを教えるインストラクター。
整体師・カイロプラクター・パーソナルジムトレーナー・ヘッド&フットセラピストなど幅広い分野で活動し日々体と向き合う。
専門知識を踏まえた真の「きれいな身体」について考えるボディメイク整体師。

セラピストKaoriをフォローする
コラム
スポンサーリンク
セラピストKaoriをフォローする
きれいな身体の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました