「あぐらがかけない」原因とストレッチで柔らかくする方法

体幹(胸・背中・腰・お尻・お腹)
スポンサーリンク
あぐらをかこうとすると後ろに倒れそうになったりどこかに痛みがでたりしませんか?
綺麗にあぐらをかけるようなりたい!という女性は案外多いのです。
あぐらがかけない原因とあぐらがかけるようになる方法を解説します(^-^)
スポンサーリンク

あぐらがかけない原因

あぐらがかけない原因は大きくわけて2種類あります。
「構上の問題」「股関節を取り巻く筋肉の問題」です。
それぞれみていきましょう。

構造上の問題

股関節は大腿骨と骨盤をつなぐ関節で、その形状はボールがソケットにはまり込むような感じになっています。
あぐらをかくような骨性可動域はもっているのですが、まれにこのソケットが浅くなっているなどの構造上の問題があることもあります。
その場合は、残念ながらストレッチなどでは改善しにくくなってきます。
判断基準としては、先天性や後天性で変形性股関節症の診断を受けていたり、あぐらをかいたときに股関節自体に違和感を感じる時。
そんな方はあまり無理をしないように、違和感を感じない程度で日々動かしていきましょう。

筋肉の問題

あぐらをかいた時に、お尻側や股の内側が突っ張ってしまう方。
そういう方は股関節周辺の筋肉が硬く柔軟性がなくなっていることが原因。
あぐらをかく場合、股関節は屈曲・外旋・外転します。
この動きに制限をかけてしまう筋肉が原因となってきます。
そして、膝は曲げているということから膝下にまで伸びている筋肉はほぼ関係ないと考えていいでしょう。
臀筋・内転筋が大きく関係してきてる可能性が高いので
これらの筋肉をストレッチで柔軟性をつけてあげると徐々に綺麗なあぐらに近づきます!

あぐらがかけるようになるストレッチ

お尻の筋肉

後ろへ倒れそうになる場合、またはあぐらをかいていて辛くなってくるのがお尻である場合は
お尻の筋肉(臀筋)の硬さが原因です。
結構凝り固まりやすい筋肉で腰痛の原因にもなるのでストレッチでほぐしてあげましょう!

内転筋群

股関節を開く時に柔軟性が必要になってくる内腿の筋肉です。
「内転筋群」のうち、膝を曲げていても緩まない筋肉はこの4つ。
恥骨筋
大内転筋
短内転筋
長内転筋
内転筋群もストレッチで伸縮性をつけてあげましょう!

内転筋ストレッチ①

足の裏を中央で合わせて膝を肘でじわじわと押しながら開いていきます。
出来るだけ足の裏を手前に引きつけながら膝を開きます。
ゆっくりと息を吐きながら肘で膝を押しながら痛気持ちい所まで開いてそこで30〜60秒キープしてから緩めます。
これを数セット行います。

内転筋ストレッチ②

次は片脚ずつじっくりとストレッチしましょう。
座った状態で片足を前に出し、もう片足は曲げます。
ゆっくりと息を吐きながら胸を足に近づけていきます。
この時、顔だけ足に近づける感じにならないように気を付けましょう!
股関節から曲げていくということを意識してくださいね(^_−)−☆

内転筋ストレッチ③

さらに内側をしっかりと伸ばしていきましょう。
片足は曲げ、もう片足は伸ばします。
体を斜め前に息を吐きながらゆっくりと倒していきます。
この時、背中がまるまってしまわないよう股関節から倒すということを意識しましょう!
また、足首が硬い方はぐらぐらして安定感がなくなってしまうので、曲げている方の膝を前についてしまってもOKです!

まとめ

ストレッチは無理をせず気長にコツコツやる事が大切です。
今すぐに!と気合を入れると筋肉を痛めてしまいます。
焦らずゆっくり毎日の習慣にして下さいね(^_−)−☆
股関節に違和感を感じたらしばらく休みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました