冬は本当に痩せやすいの?筋肉を味方につけて冬太り体質から冬痩せ体質へ!

全体
スポンサーリンク

冬は代謝が上がると言われていますが、冬になると体重が増えちゃうという方とても多いですよね。代謝が上がるって本当なんでしょうか??

ダイエット特集でも冬太り撃退!なんてよく見かけますし、冬は太るものなんじゃ

毎年冬太りをする方は必見!ポイントさえ押さえれば冬太り体質を冬痩せ体質に変えられちゃいます。

スポンサーリンク

夏と冬の基礎代謝の違い

基礎代謝とは動かなくても消費されるエネルギーのことです。ちなみに動いて消費されるエネルギーは生活活動代謝と言います。

基礎代謝は生命維持のために心臓や臓器を動かしたり体温を維持するために働くエネルギーです。

体温の維持には筋肉が働いています。常に体温を一定に保つために筋肉がエネルギー消費をして熱を作りだしているのです。筋肉量が多いほど基礎代謝が上がるいうわけです。

夏と冬は気温差があるため、体温を維持するために働く代謝量が変わります。暑い夏はエネルギーを消費して体温を上げなくても体温を維持できるのに対し、寒い冬は体温が下がらないようにエネルギー消費を増やし体温を維持しなければなりません。

このエネルギー消費の差は夏と冬で約10%弱違うことが分かっています。基礎代謝が1200kcalだとすると冬には120kcal増えることになります。

1ヶ月に換算すると3600kcalものエネルギーが自然に消費されていくことになりますね!

脂肪が1kg消費されるのには7200kcalが必要です。なんと本来なら冬は2ヶ月で自然に1kg落ちるはずなんです。

冬太り体質になる理由

1日に120kcalも基礎代謝が上がるとされる冬なのに、どうして冬は太ってしまう人が多いのでしょう?その原因は

  • 筋肉量が少ない
  • 活動代謝が少ない
  • 摂取カロリーが多い
  • 外に出る時間が少ない

これです!

これさえクリアできれば冬痩せ体質になれちゃうんです。

筋肉量が少ない

筋肉が1キロ増えると筋肉だけで基礎代謝は13kcal増えます。さらに筋肉が増えることで心臓や肝臓などの臓器の活動も増えるのでそちらの方でも基礎代謝が増えてきます。合計すると1日当たり約50kcalも基礎代謝が上がるのです。

しかし筋肉量の少ない人は体温を維持する力が弱いので基礎代謝も低く冷えやすい体質です。

自分で熱を作れないと体の芯から冷えるので厚着をしたり暖房など外部から身体を温めることになります。ここで体を温めるために動けたらいいのですが、結局、家で動かずにぬくぬくというパターンに陥ります。筋肉の活動による熱産生はどんどん下がっていく一方。

ついつい食べ物に手を出してしまえば摂取カロリーも増えますよね。

筋肉量が少ないと冬太りしやすい生活サイクルになってしまいがちなのです。

活動代謝が少ない

寒い冬はあまり外に出たくない。と暖かい部屋でぬくぬく過ごしていると冬太りまっしぐらです。

せっかく冬は基礎代謝が上がるのに、動かなければ生活活動代謝が減り、トータルで見ると1日の消費エネルギーは夏より低いなんてことになっているかもしれません。

30分歩けば消費エネルギーは約90kcalです。寒いから普段は歩きや自転車のところ車や電車などで移動するようになったり、あまり外に出たくないから出前を取ったり。スーパーに買い物に行くだけでも100kcalは消費しますから、その細々した動作がなくなるだけで1日トータルで見るとかなり減るわけです。

逆に、こまめに動くように心がけることで生活代謝はアップします。まずは手を伸ばせば届くところに必要なものを置かず、こまめに立ち上がるようにしてください。

それだけで代謝がぐんと上がりますよ!

摂取カロリーが多い

冬になるとクリスマス・忘年会・大晦日・正月と美味しいものを食べる機会が増えます。ただ、この数日間の食事だけで太ってしまうかっていうとそんなことはありません。

冬太りのそもそもの原因は毎日の積み重ねです。家で動かずに何かをつまんで食べてばかり。人は動いていない時はつい何かを口に入れたくなるものです。

大晦日にすき焼きをたらふく食べたからでもなく、正月にお餅を5つ食べたからでもなく、毎日動かずにつまんでいたみかんやおせんべいが原因なのです。

冬の摂取カロリーオーバーを防ぐには、食事にメリハリをつけること。

だらだら食べは良くありません。空腹の時間を作ること。深夜までだらだら食べないこと。(年越し蕎麦は別)

これを意識するだけでも摂取カロリーがかなり減るはずです。

外気に触れる時間が少ない

冬に基礎代謝が上がるのは体温を下げないように筋肉が働くため。いつも暖かい場所にいては体温を上げるために頑張る必要がないので10%も上がりません。

冷たい外気に触れることで筋肉がいつも以上にエネルギー消費をして熱を生み出します。

冬の基礎代謝アップを利用するためには冷たい外気に触れる必要があるのです。

ただし、筋肉量の少ない人は熱を生み出す力が弱いので冷たい外気に晒されすぎると体温が下がってしまいます。自分の熱産生を考慮した上で外気に触れたり薄着をしましょう。体の芯が冷えてしまうと臓器の機能が落ちて免疫力も代謝も下がってしまいます。

そのためにも、まずは筋肉を動かす・筋肉を増やすことから始めましょう。生活活動代謝を増やすようにすれば、必然と筋肉は動き熱を生み出します。

窓を開け、換気をしながら室内運動をするだけでも効果はあります。窓を開けて「寒い!」となったら、体がぽかぽかしてくるまで体を動かしてみてください。そのぽかぽかは筋肉がエネルギーを消費してくれている証ですよ!

まとめ

いかがでしたか?以上をまとめると、冬痩せ体質になるには『筋肉を動かす』ことがポイントになりそうですね。

このループに入ってしまうと、冬太り体質まっしぐら。ここを抜け出すことが出来れば冬痩せ体質になれますよ(^_−)−☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったらはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加に登録をお願いします!

ブログランキングにも参加しています。投票していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


きれからのTwitterをフォローしてくれると嬉しいです。
最新記事のお知らせも出しています。
セラピストKaori

関東で女性専用ボディメイクメソッドを教えるインストラクター。
整体師・カイロプラクター・パーソナルジムトレーナー・ヘッド&フットセラピストなど幅広い分野で活動し日々体と向き合う。
専門知識を踏まえた真の「きれいな身体」について考えるボディメイク整体師。

セラピストKaoriをフォローする
全体
スポンサーリンク
セラピストKaoriをフォローする
きれいな身体の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました