産前・妊娠中・産後での骨盤ケアの違いは?それぞれの目的とその効果

体幹(胸・背中・腰・お尻・お腹)
スポンサーリンク

骨盤調整(骨盤ケア)は今やメジャーな言葉ですね。産前に調整したり妊娠中や産後に調整するものとあります。

それぞれ骨盤の調整・ケアをおこなうのですが、その目的は若干違うことをご存知ですか?

骨盤は締めればいい。歪みを治せばいい。というのは間違い。それぞれの目的に沿ってケアすることで快適に生活出来るようになったり妊娠中のトラブルのリスクも減ります。更に産後、体型も戻りやすくなるんです!

今回はそれぞれの状況によってどのようにケアをおこなうのがベストなのか?書いていきますね!

スポンサーリンク

産前骨盤ケア

産前の骨盤ケアは、自身の身体のためまたは将来の妊娠出産に向けての準備です。妊娠の予定があるなしにかかわらず、骨盤を整えておくことは女性特有の体調不良改善やスタイルアップに役立ちます。また、妊娠前に骨盤を整えておくと、妊娠しやすくなったり妊娠中のトラブルが起こりにくくなります。

-産前骨盤ケアの目的-

  • 骨盤のリズムを整える
  • 骨盤周りの筋力作り

普段の生活で快適な生活を送るためには骨盤リズムが整っていることが大切です。骨盤は日単位、月単位、年単位で緩んだり締まったりを繰り返しています。このリズムがスムーズな事が理想ですが、不規則な生活やストレスなどで崩れてきてしまいます。リズムが崩れるとホルモンバランスも乱れてしまい生理不順・PMS(月経前症候群)・生理痛が強く現れやすくなってしまいます。不妊や婦人系トラブルの原因にもなると言われています。

リズムを整えるためには、骨盤が締まるタイミングで筋肉を刺激して骨盤を締めることと、緩むタイミングで筋肉を弛緩し骨盤全体を緩めることが大切です。意識的に締める緩めるを繰り返すことでリズムが整ってくるのです。

インナーマッスルを刺激することで骨盤含め姿勢を維持するための筋力が付き、スタイルアップの他にも妊娠時にしっかり骨盤を支える筋力が備わります。

産前骨盤ケア(通常の骨盤ケア)についてはこちらに詳しく書いてありますので見てくださいね(^ー^)

骨盤は緩めて引き締めるが正解!リズムを整えて快適生活
骨盤は女性にとってとても大切。 イメージとしては開いていると太る、締まっていると痩せる、歪むのは良くない。 そんな感じではないでしょうか。 じつは骨盤は開いているから太るとか締まっているから痩せるなんて事はなく、大切なのは開閉のリズム...

 

妊娠中骨盤ケア

妊娠中の骨盤ケアは安定期に入ってから体調が良いときにリフレッシュとして行うのがおすすめです。

妊娠中は頑張りすぎず無理をしないのが鉄則。ですが、体調が良い時にはほどよく体を動かした方が体が楽になったり妊娠中のトラブルも予防でき、スムーズな出産を迎えられる(安産のための)準備にもなります。

-妊娠中骨盤ケアの目的-

  • 身体の負担を和らげる
  • 骨盤周辺の筋力キープ

妊娠中は動作が制限されますので、体も凝りやすく筋力も落ちてきます。さらにお腹が大きくなると骨盤への負担が大きくなり恥骨痛や股関節痛が起こりやすくなります。

まずは固まりやすい体を気持ちよく伸ばし、使わない筋肉を動かしましょう。そして妊娠後期や出産に向けて軽い筋力を備えておけると良いでしょう。

腰や背中周りは胎児を前側に抱えて負担がかかる上に思い切り動かすことが出来ません。筋肉の可動が減ってしまう疲労が溜まりやすく筋力低下にもつながります。妊娠中でも軽い筋トレは必要なのです。

妊娠中は出来ればあぐらがおススメ。股関節の柔軟性もつきますし骨盤周辺に負担がかかりにくい座り方だからです。その状態で気持ちよく腰回りや背中を伸ばしまずはリフレッシュしましょう。

骨盤周りの筋肉のトレーニングとして紹介するのがこちら。このままキープまたは余裕があったらお尻を上げ下げしましょう。臀筋や骨盤周辺の筋力が付きます。

※両足をついてお尻を上げ下げしても◎特に臀筋や骨盤底筋群のトレーニングになります。

さらに四つん這いになって行うとお腹の赤ちゃんも動きやすくなりお母さんも内臓などへの負担が減り全体的に血流がUPします。この体勢で足を上げ下げしていきましょう。

辛かったら両膝をついて少しお尻を上にした状態(逆子体操の体勢)で軽くお尻を揺らしてあげるだけで血流アップの効果があります。

妊娠中は特に無理は禁物です。お腹の張りがあったり気分が優れない時にはすぐに中止してくださいね!

産後骨盤ケア

出産時は最大に靭帯が緩むので産後はしばらくそれぞれの関節が不安定な状態です。半年かけてもとの固さに戻り安定してきますので、緩んでいるこの時期は今までの骨盤の歪みをリセットして綺麗に整えるチャンス!

産褥期から出来る体操もありますが、本格的な骨盤ケアは産後2ヶ月くらいからがおすすめ。体調に問題がなければ初めていきましょう!

-産後骨盤ケアの目的-

  • 骨盤の歪みをリセットする
  • 歪みにくい筋肉作り

ポイントは揺らすことによる歪みのリセットと、そこへバランスのよい筋力をつけていくことです。この時期の骨盤ケアはその後の体型を大きく左右しますし、二人目不妊にならないための予防にもなります。

この時期に何もせず放置すると体重が戻っても下腹が出たままだったりお尻が横に広がったり下半身だけ大きくなったりと体型が変わり、更に太りやすい体質になってしまいます。

骨盤ケアをしっかり行うことで、産前よりも姿勢やスタイルが良くなり太りにくい体質になる方もいます。産後は体型の分かれ道なので1番大切な時期とも言えます。

産後の骨盤ケアについてはこちらで詳しく書いてありますので読んでみてください(^ー^)

産後は最大のチャンス!骨盤調整で今までの歪みを全てリセット!
出産後の体型の崩れにショックを受ける女性へ一言。 『産後は自分史上最高にスタイルが良くなる大きなチャンスです!』 妊娠・出産おめでとうございます 出産を終えると、ひと段落する間もなく24時間体制の育児がはじまります。幸せながらもめ...

まとめ

骨盤ケアといっても骨盤のリズム、骨盤への負担軽減、骨盤の歪み改善など目的は様々でしたね。

骨盤は子宮を守るように存在しています。そのため、ホルモンバランスにも影響を与えるのです。実は女性ホルモンの変化で起こる更年期障害も骨盤ケアで予防または軽減できることが分かっています。

骨盤ケアは年齢に関係なくとても大切なものなのです!難しい体操ではないので、是非今日から始めてみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったらはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加に登録をお願いします!

ブログランキングにも参加しています。投票していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


きれからのTwitterをフォローしてくれると嬉しいです。
最新記事のお知らせも出しています。
セラピストKaori

関東で女性専用ボディメイクメソッドを教えるインストラクター。
整体師・カイロプラクター・パーソナルジムトレーナー・ヘッド&フットセラピストなど幅広い分野で活動し日々体と向き合う。
専門知識を踏まえた真の「きれいな身体」について考えるボディメイク整体師。

セラピストKaoriをフォローする
体幹(胸・背中・腰・お尻・お腹)
スポンサーリンク
セラピストKaoriをフォローする
きれいな身体の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました