膣トレで女子力アップ!即効性バツグン骨盤底筋トレーニング

体幹(胸・背中・腰・お尻・お腹)
スポンサーリンク
近年、骨盤底筋が弱い女子が増えています!放置をするとお腹ぽっこりだけでなく女子力down。子宮機能やホルモンにまで影響が。
骨盤底筋トレーニング膣トレ!で内側から女子力upして差をつけましょう!
スポンサーリンク

骨盤底筋とは?

骨盤底筋とはその名の通り骨盤の下についている筋肉です。
私たちは腹腔内に内臓・子宮があり、その周りを筋肉の袋で支えています。
上が横隔膜、下が骨盤底筋。
その周りは腹筋や背筋です。
内臓たちを定位置に保つ縁の下の力持ち!!なのです。

緩んでしまうとどうなるか?

骨盤底筋が緩んでしまうと、腹腔内の内臓も子宮も下にさがってきてしまい血流が悪くなり冷えてしまいます。
特に1番下にある子宮は上からの内臓に押されて血行不良に。
冷えることで活動も弱くなり、本来の機能が発揮できなくなります。
代表的なものが生理不順や便秘
それが続くと婦人科系、消化器系の不調の原因に。
下の方に内臓が下がるため痩せていても下腹だけぽっこりしてきます。
それ以外にも膣の締まりも弱くなり尿もれや性生活での悩みなどもにも繋がります。

なぜ緩むの?

緩んでしまう原因は、現代の生活で底筋を使う動作が激減したというのがひとつあげられます。
畑仕事、和式トイレ、雑巾掛け、これらすべて底筋を使う動作です。
底筋を使う動作をあまりしなくなったことで、現代の女性は骨盤底筋が弱い傾向にあります。
もう1つは出産です。
もちろん出産すると人生最大に伸ばされて緩んでしまいます
でもそれは一時的なもので生活していくうえで徐々にもどっていくもの。
でも生活で使わずに放置していれば元に戻りません(;_;)

女性の方が緩みやすい理由

女性の方が骨盤底筋がゆるみやすい理由は、穴が2つあるから
そして女性の方が骨盤の幅が広いから
面積が広い上に穴が2つあり、八の字に筋肉が走行しています。
違いが分かりますか?
骨盤が広いのも緩みやすいのも全て出産に備えてなんです。

骨盤底筋トレーニング

骨盤底筋は比較的効果が現れやすい場所。
簡単なので毎日頑張りましょう!

寝たままトレーニング

仰向けで寝て膝を立てます。
お尻の穴→膣と順に力を入れながらお尻を上げていきます。この時、骨盤は後傾にしましょう。
1番締まってると感じるところで10秒キープ。
そこからゆっくりお尻を下げてきます。背骨1本1本ゆっくり下ろしていくイメージで。
これが1セット。
5セットくらい行いましょう。

立ったままトレーニング

お尻の穴と膣を締める感覚がわかってきたら、いつでもどこでもできます!
かかとを上げるのと同時にお尻の穴と膣をキュッと締めて、かかとを下ろした時に緩めます。
緩めて締めてのくりかえしがトレーニングになるので、気がついた時に何回でも続けてやりましょう!

まとめ

骨盤底筋の締める・緩めるは見た目では分からないので、自分の意識が大切です!
膣とお尻の穴を両方意識するのがポイント。
頑張ってトレーニングを続ければ早い人で2週間くらいで効果を感じるはず!
慣れてくるといつでもどこでも出来ちゃうので、密かに女子力アップしちゃいましょう(^_−)−☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました