ダイエットの種類と成功させる3つのコツ

全体
スポンサーリンク

ダイエットを成功させるのにはいくつかポイントがあります。

自分に合っていないダイエットを続けていたり、うまくダイエット生活に乗れない方は何度やってもうまくいきません。

成功する秘訣を参考に、今度こそ成功させましょう!

スポンサーリンク

自分に合ったダイエットを見つけよう

1番大切なのはそのダイエットは自分に合っているか??

ダイエット法はたくさんあります。やる気が起きる、負担なく続けられるものを選びましょう。

今回は食事改善のダイエット法を集めました!痩せたいのなら食生活の改善は必須。運動を取り入れるにしても並行してやっていくべきです。

 

ファスティングダイエット

とにかく短期集中で結果を出したい!

そんな人にはファスティングダイエットがおススメ。ただやり方はしっかり守りましょう。

ファスティングとは断食の意味。プチ断食です。

〜ファスティングのやり方〜

日数は自分の体調に合わせて。だいたい3日〜1週間くらいが良いでしょう。

プチ断食といっても何も口にしないわけじゃありません。固形物は摂らず水と酵素を飲みます。酵素は添加物があると効果が少なくなるので無添加のものがオススメ。

ダイエットの他にも肌の調子がよくなったり内臓機能が向上したりと健康にも◎

また、ファスティングの前後は体を慣らすために揚げ物やファストフードなど体に負担のかかる食べ物は控えましょう。

 

糖質制限ダイエット

とにかく量は減らしたくない!

という方には糖質制限ダイエットがオススメ。糖質さえ食べなければあとは何を食べてもOK!

もちろんお肉もお酒もやめる必要なし。糖質をカットした分、野菜や肉で補わなきゃいけないので沢山食べたい方にはぴったりです。

〜糖質制限のやり方〜

食事から糖質を抜きます。糖質とはケーキやクッキーなど甘いものの他に、ご飯・麺・パンなども含みます。くだものや野菜、餃子の皮や天ぷらフライの衣も糖質ですし、ジュースも糖質の塊です。

全部排除するのは相当細かく気をつけないと難しいですが、炭水化物と砂糖を使った飲食物をやめてフルーツや甘みのある野菜は控えめに。くらいでも良いでしょう。

また、糖質をカットすると体に悪いという記事も見かけます。糖質は糖新生といって体内で作る機能が備わっています。即エネルギーに変えられる分の糖質は必要かと思いますが本当に完全にカットする事は相当難しいので極力摂らないくらいではなんら支障はありません。

普段から糖質を摂りすぎな生活をしている方は体内で糖を生成する機能が働きづらくなっているので、初めは頭がぼーっとするとかあるかもしれません。少しずつ体内に蓄えたものを糖に変えられる体になっていきます。

カロリー制限ダイエット

好きな時に好きなものを食べたい

これはカロリーの管理がストレスなく出来る人限定。食べたいものはなんでも食べていいけど1日のトータルで栄養バランス良く目標カロリーで収まるように。

昔からの根強い定番ですが、結構難しいダイエットなんですよ。

〜カロリー制限のやり方〜

カロリー制限の落とし穴はカロリーばかりを気にして栄養バランスが崩れてしまうこと。

ダイエットとして行うのなら大体1200kcalくらいが良いでしょう。(体格や生活レベルで多少変わります)

ただ、このカロリー内に収まったとしても800kcalがパスタで400Kcalがスイーツではどんどん太りやすく疲れやすい体になっていきます。

カロリー制限の難しさは、栄養バランスを考えた上でさらにカロリーも意識していかなければならないこと。

ごはんやスイーツも食べても大丈夫!でも食べた上でほかの栄養素はちゃんととらないといけません。

そこがクリアできればカロリー制限にチャレンジしてみましょう!

カロリー計算が簡単にできるアプリもあるので利用してみてくださいね!

食べる順番ダイエット

食生活は変えたくない!

という方は効果はのんびりになるけど気軽に始められて簡単なこれ。毎食、野菜→肉→炭水化物の順で食べるだけ。

炭水化物を1番最後にもってくることで食べ過ぎを防いでくれたり血糖値の上昇を抑えてくれます。

効果を期待する場合は、はじめに食べる野菜の量は大目にすること。

野菜>肉>炭水化物   くらいの気持ちで食べると良いでしょう。

この方法は他のダイエットと組み合わせてもいいと思いますよ(^_-)

食べる時間ダイエット

夜あまり遅くならない方

夜20時以降は食べないなど時間的な規制を作るダイエット。仕事上、夜遅かったり会食が多いなど不規則になりがちな方には不向きですが主婦や毎日定時で帰れるなど夜の食事をコントロールしやすい人に向いています。

時間的な規制があるだけで他は食事の偏りがないように普通に食べるだけ。

1番脂肪として蓄えてしまうのが夜の食事。食事をしてから就寝まで3時間以上時間をあけるのが脂肪として蓄えないポイントです。

制限時間内にここぞとばかりに沢山食べないよう普段通りの食事を心がけましょうね。

レコーディングダイエット

記録を残すことが楽しいと思える方

これは口に入れたものを全て書き出すというダイエット法。飲み物やガム・飴など全てです。

書き出すことを始めると自然と食生活を気にしはじめたり、書き出したものを見ると改善点が分かったりします。

普段何気なく口にしているものがどのくらいの量なのかって意外と分からないものです。書き出してみて改めて間食が多いことに気づいたり摂りすぎている食品が多いことに気づいたりします。

日記みたいな感じで記入を楽しくできそうな方にはぴったりの方法。これも食事を記入できるアプリがあるのでそれを利用すると便利ですよ♪

修行に入る

自分の意思じゃあ無理!

絶対痩せたい!でも絶対自己管理は無理!という方はいっそお寺に入って強制的にダイエットをしましょう。

お寺だけでなく、断食プランは色んな宿泊施設で用意されているのでお寺に抵抗がある方でも大丈夫!近くまたはリゾート地などで探してみましょう。

入るまでは勇気いりますが入ってしまえば抜け出せません。やり切るしかないのです。でも入る勇気があるあなたならきっと達成できるはず!!

 

ダイエット成功のコツ

こまめに体を動かす

運動が苦手でも食事管理だけに頼らず日常生活でこまめに体を動かしましょう。

腹筋をしろとか1時間歩けと言っているわけではありません。

手の届く範囲に物を置かずいちいち立ち上がって取りに行く、汚れが気になったら拭く、出しっ放しの服があったら脱衣カゴに持っていく、買いだめはせずこまめに買い出しにいくなど。

普段の生活でこまめに動くことを心がけるだけです。

運動ではなくてもいいのです。体をこまめに動かすようにするだけで、代謝があがってきます。

体が重くて運動する気になれない人は筋力不足で毒素も溜まっています。

テレビを見ながら足や手をぶらぶらするだけでもいいですし、腰を回すでもいいです。

日常生活で体をこまめに動かし、動きやすい体へ変えましょう。

体が重いとイライラして暴食にもなりがち。毒素が流れ出すと精神的にも落ち着き暴食欲求も収まります。

ダイエット中に筋トレをおすすめするのは筋肉を落とさないためですが、その前に少しでも動くくせをつける事で精神バランスが安定してきてダイエットが長続き・成功しやすくなります。

食べるものを人に流されない

そんなにお腹空いてないのに相手と同じメニューを注文したり、デザートを一緒に頼んだり。

結構ないですか?これ。

その時のノリで食べすぎちゃうその前に自分の体と相談しましょう。みんなと一緒じゃなくても大丈夫!あまり食べたくない時は断る勇気を。

人に合わせて食べすぎる癖を改めていきましょう。

 

もったいないを作らない

食べ物が余っちゃうとどうしても「もったいない」「このくらい食べちゃおう」ってなりますよね。

残す勇気も必要ですが、残すものをなるべく作らない工夫を。

足りないくらいが丁度いい。昔とはちょっと逆の考え方ですが、足りないかな?くらいが丁度いいです。

料理作る時も買う時も外食するときも。足りないかも?くらいで意外と満足できるもの。大は小を兼ねるとはいいますが、食事に関しては意識転換していきましょう。

まとめ

ダイエットは今まで築いてきた習慣や体質を変えていくもの。

方法を間違うと足掻いているだけで変わりません。

意識の変換から生活習慣の改善を目指しましょう!変わりたいと思うあなたを応援しています( ^^)人(^^ )

ダイエット中にやってはいけない10の事
ダイエットをしてもいつも失敗する。リバウンドする。続かない。挫折する。 ダイエットって難しい。。自分にはそんな忍耐も根性もないんだ。なんて諦めかけているあなた! ダイエットは忍耐も根性もいりません。今までのダイエットが辛かったの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました