老けずに痩せたい!夏までに脂肪を落とす方法

全体
スポンサーリンク
夏が近づいてくるとなんとなく「このお腹なんとかしないと!」「二の腕どうにかしないと!」ってダイエットスイッチ入りますよね。
でもダイエットはやり方を間違うと老けたり貧相になったりデメリットが沢山!
老けずに脂肪を落とす方法を教えちゃいます!
スポンサーリンク

脂肪を落とす必要のある人

そもそも貴方は脂肪を落とす必要があるのでしょうか?
前よりは落ち着きましたが、「痩せは美」ブームは危険です。
自分が思っているより貴方は太っていないかもしれませんよ?
標準体重
身長(m)×身長(m)×22
美容体重
身長(m)×身長(m)×20
モデル体重
身長(m)×身長(m)×18
(※モデル体重は女性としての機能が不安定になる危険性があり、個人の骨格によりただ骨っぽくなるだけ。標準〜美容体重くらいがベストです!)
一応こういう感じでありますが、注意して欲しいのが体内が脂肪か筋肉かは全然考慮されていないってこと。
じつは肉体美のモデルさんは筋肉があるため、見た目より体重があったりします。
本当に目安にして欲しいのは見た目。
体重計より鏡です。
数字より毎日、裸で鏡の前に立ちチェックしましょう!
体脂肪は女性は20〜25%が理想です!
しかし、女性での標準は20〜30%と言われています。
30%近くになると若干ぽっちゃりなイメージになってきます。
ちなみに20%を切ると、少しずつ骨っぽさや筋肉が出てきて女性らしさが徐々に減ってきます。
15%以下になると生理が止まるなど女性ホルモンにとても悪いのでやめましょう。
以上を踏まえて、適正にダイエットしましょうね!
今より痩せる=きれいになる
ではありません!!

脂肪を落とす!

まずは脂肪を落とすポイントについてお話しします!

今ある脂肪を落とす

まずはこれ!
現時点でついている脂肪は分解してエネルギーとして使ってもらうしかないのです。
エネルギーとしてどうやったら使ってもらえると思いますか??
私たちの体は普段、食事から得た糖質をエネルギーとして使っています。
糖は即効性のあるエネルギー源です。
そしてエネルギーが足りなくなった時に脂肪や筋肉を糖(グルコース)に変えて、その糖からエネルギーを生成します。
だから、しょっちゅう間食をしていたり炭水化物ばかり食べていたら食べ物からエネルギーを生成するので脂肪の分解が行われないんです(T-T)
それどころか、余ったグルコースは脂肪となります!
次に「糖が足りない!」となった時に使うために蓄えておくんです。
(そんな時がくればですが…)
脂肪を分解させるには、糖が足りない状態にすること!
足りなくなった時に初めて脂肪や筋肉を分解して体内で糖(グルコース)を作り出しエネルギーを生成するんです。

注意!落とし穴

糖質制限ダイエットはそうした理由で脂肪の分解効果が出やすくここ最近流行りましたね。
ただし!
ただ単に糖質を減らすだけでは大切な筋肉まで分解されてしまいます。
筋肉が落ちると代謝が悪く冷えや浮腫みも起きやすくなり、そしてリバウンドしやすい体になってしまいます。
筋肉が分解されないようにするにはタンパク質を摂ること。
タンパク質の摂取で筋肉の分解が抑制されます!
糖質を減らした分、タンパク質を摂るようにしましょう。
が!!!
タンパク質ばかりとっていても、筋肉の生成がうまくいきません。
タンパク質は筋肉だけでなく皮膚や髪の毛、体の中の細胞すべてを作る素材
ミネラル、ビタミンはタンパク質を皮膚や髪の毛、その他すべてのものに変える道具です。
素材と道具が揃わなければ作れません。
素材(タンパク質)ばかりあっても、道具(ミネラル・ビタミン)が揃っていなかったら筋肉も皮膚も作れません。
美しく痩せるためには、バランスの良い食事が必要なんです。
食べないで痩せるなんて素材も道具もないスカスカ状態。
即効性を求めるばかりに過度な食事制限は見た目も体内もボロボロになってしまうので注意しましょう。

これ以上溜め込まない!

脂肪を落とすのも大切ですが、これ以上溜め込まない体づくりも大切です。
上記のように食事に気をつけつつ、運動も取り入れて代謝UPしていきましょう!
脂肪燃焼といったら有酸素運動を思い浮かべそうですが、脂肪燃焼率をあげるためには無酸素運動と有酸素運動の組み合わせが効果的です!
無酸素運動では脂肪分解を促進する成長ホルモンが大量に分泌されます。
そこから有酸素運動を行うことで脂肪燃焼率UP!
また、無酸素運動をするとそこから消費エネルギーが高い状態が約2日続きます。
(アフターバーンエフェクトと言います)
運動後1時間がピークで徐々に減ってきますが、
なんかもう痩せる気しかしませんね!

まとめ

以上、ただ単純に体重を落としたいなら食べなきゃいいんです。
なんのために脂肪を落としたいのか?もう一度よーーく考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました