硬いふくらはぎを柔らかく!美脚ストレッチ

脚・足
スポンサーリンク
運動していないのにカチカチに硬いふくらはぎ。
筋肉が錆びついているのかもしれません。美脚への道はこの錆びつきをとり柔らかくすることから!
スポンサーリンク

かんたん解剖学

ふくらはぎの構造

「ふくらはぎ」の場所はみなさんご存知だと思います。
メンテナンスをする前にかんたんにふくらはぎの構造を知っておきましょう!
もりっとした部分。実は「腓腹筋」「ヒラメ筋」という二つの筋肉によって構成されています。
解剖学的にはこの二つを合わせて「下腿三頭筋」と言われていて、下の方で合体してアキレス腱という腱になっています。
皆さんのよく知っているアキレス腱はふくらはぎの集合体なんです。
腓腹筋は足首と膝を動かし、
ヒラメ筋は足首だけを動かします。
位置関係は腓腹筋の後ろにヒラメ筋。
腓腹筋の位置は高く、ある程度筋肉があったほうがきれいなふくらはぎの形になります。

ふくらはぎの役割

メリハリ腓腹筋

腓腹筋は速筋という瞬発力の筋肉です。(別名:白筋)
速筋はその名の通り短距離選手やサッカー選手など瞬発力を必要とされるスポーツで活躍する筋肉です。
速筋の特徴は筋肥大するということ。瞬発力を必要とするスポーツ選手のふくらはぎがボッコリしているのもそのためです。
高い位置でのふくらはぎの丸みとキュッと引き締まった足首のメリハリはこの腓腹筋で作ります!

脂肪燃焼ヒラメ筋

ヒラメ筋は腓腹筋とは逆で遅筋という持久力の筋肉です。(別名:赤筋)
遅筋は長距離選手や日常生活で使う筋肉で、持久力を必要とするスポーツや日常生活などで使われます。
遅筋の特徴は脂肪を燃焼すること。腓腹筋の奥にあり肥大しないので表面的にはあまり見えません。
マラソン選手のふくらはぎがあまり膨らんでいないのもそのためです。
ヒラメ筋は「歩く」「姿勢を維持する」など、日常生活で使われます。
日頃からたくさん歩いてヒラメ筋を使うことで脂肪が燃焼されスッキリとした美脚へ近づけます!

2つ合わせて冷え性&浮腫み解消

第二の心臓とも呼ばれているふくらはぎ。
その理由は血液とリンパ液を送り出す大きなポンプだからです。
ふくらはぎの筋肉の伸縮運動で、足まで下りた血液やリンパ液を上へ流し戻すのです。
重力の影響で上から下へはスムーズに流れやすいのですが、下から上へはそうもいきません。
ふくらはぎという大きくて強いポンプの協力が必要なんです。
立ち仕事やデスクワークで長時間動かないと足がパンパンに浮腫んでくるのはそのためです。
硬いふくらはぎでは歩いても筋肉の動きが少ないため、血液もリンパ液も流れづらく冷えたり浮腫んだりといったことが起こります。
マッサージやリンパケアも効果がありますが、ふくらはぎをストレッチして筋肉が自分でスムーズに動くようにしてあげることはとっても重要!
滞りにくい体にすることが、きれいな身体になる秘訣です。

ふくらはぎのストレッチ方法

美脚に大きくかかわるふくらはぎ。
かちかち硬いままでは何をしても効果半減。
ストレッチをして筋肉を動かしメリハリすっきり美脚を目指しましょう♪
「腓腹筋」と「ヒラメ筋」はストレッチ方法が違うのでそれぞれ分けて伸ばすことが大切です!

腓腹筋ストレッチ

腓腹筋は膝と足首を動かす二関節筋。膝を曲げてしまうと筋肉が緩んでしまい、ストレッチになりません。
膝を伸ばした状態でふくらはぎを伸ばしましょう。
メリハリをつくる腓腹筋。まずは錆びつきをとり質のいい筋肉にすることが大切です。
肉離れを起こしやすい筋肉でもあるのでケガ予防にも日頃から伸ばしておきましょう!

ヒラメ筋のストレッチ

膝を伸ばした状態で足を伸ばすと腓腹筋が伸びてしまうので、
ヒラメ筋をストレッチする場合は膝を曲げた状態でふくらはぎを伸ばします。
ヒラメ筋をストレッチすると脂肪燃焼効率があがりスッキリ美脚に!
日常的に使う筋肉なので疲労しやすく凝り固まりやすいのでしっかりメンテナンスしてあげましょう。

プラスαアドバイス

美脚への第一歩ふくらはぎのストレッチ。
お風呂上がりに下から上へ揉みほぐすなどしてあげると日々の滞りを解消できます!
毎日の習慣にしてもう二度と硬くさせない!錆びない!きれいな身体を手にいれましょう(^_−)−☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました