ハイヒールで【足が太くなる原因】と【美脚になる方法】

脚・足
スポンサーリンク
脚が綺麗に見えるハイヒール。その裏でハイヒールは脚が太くなると言われていたり。
一体どっちなの!?
実は選び方や歩き方で足首キュ!の美脚になるかパンパンのブス脚になるか分かれます。
スポンサーリンク

ハイヒールでブス脚になるしくみ

下半身の浮腫み

ハイヒールを履いていると踵着地をして足指全体で蹴り上げることが難しくなります。
踵から着地をしてしっかり蹴り上げる歩き方は美ウォーキングのポイントでもあります。足首がしっかり動き、ふくらはぎも伸縮するので血液やリンパ液が流れスッキリするのです。
しかし!
ハイヒールで足首の動きがでないと、ふくらはぎが十分に動かず、血流もわるくなりリンパも滞ってしまいます。
結果、足首もふくらはぎも太くなります。

筋肉の発達

ハイヒールを履くとどうしても前重心になりがち。
常に前の筋肉に力が入るので脛の前側の筋肉が発達します。
ヒールの高さや角度があがるほど前重心になりがちなのでどんどん筋肉が発達してきます。
さらにさらに踵が細くなればなるほど踵に重心をもっていけなくなるので、より前重心に。
脛の外側の筋肉が発達して太くたくましくなってしまいます。

外反母趾

つま先に重心がより、さらに指先が圧迫されるので親指が変位してきます。
ただ単純に親指が入る(外反する)わけではなく、長母趾屈筋、母趾外転筋、母趾内転筋などの筋力バランスの乱れから親指が複雑に捻れて下にあるはずの種子骨がズレたり、母趾が外転することで痛みが起こります。
親指だけの問題ではなくて足根骨のアライメント(骨・関節の配列)も崩れるので修正は複雑になります。
軽度であれば修正も可能ですが、母趾の外反角度40度以上の重度外反母趾では修正は難しくなり修正するには手術が必要となる場合も。
外反母趾では足底のアーチも潰れてきていますので、ビジュアルの悪さだけでなくその上にそびえる体全体のバランスにまで影響してくるので高いヒールを履き続けるのは注意が必要なんです。

ハイヒールで美脚になる方法

そんなリスクがあるハイヒールですが、履き方によっては美脚効果があります!
女性ならではの美しさも演出できるのでシーンによって素敵に使いこなせるようになりたいですね(^_-)

歩き方

ハイヒールに慣れていない方は膝が曲がりがち。安定感がない靴で普段通りに歩こうとするとこうなっちゃうんですね。
ハイヒールにはハイヒールの歩き方があります。
  • 踵とつま先は同時に着地する
  • 膝は伸ばしたまま
  • 常に前足重心
  • 前足の上にまっすぐ体をのせる(前のめりにならない)
  • しっかり指で蹴り上げるイメージで骨盤の前側を伸ばす

 

特に膝を曲げない!これは意識してくださいね。踏み出すときも出来るだけ曲げずに蹴り上げる時はよりしっかり伸ばしましょう。

これがハイヒールの美脚ウォークです!

慣れてきて颯爽と歩けるようになると常につま先立ちで蹴り上げる感じになるので、腓腹筋が刺激されます。
ふくらはぎの位置が上にあがり、足首がキュッ!となるのも夢ではありません。

選び方

ヒールも自分に合ったものを選びましょう。
美脚効果のあるヒールの高さは3cm〜5cmです。
ヒール初心者は3センチとあまり高くないほうが良いでしょう。
また、つま先に少々厚みのあるヒールですと角度が緩くなるので足の負担も減り、美脚効果もでるのでおススメです。
踵はあまり細すぎないもの安定感のある太めのものが良いでしょう。
角度があるものは上級者用です。慣れていないとブス歩きになりやすいので注意!
また脛の筋肉がすでに発達している方は履くだけで筋肉が主張してきますので美脚効果マイナスになります。
歩いているとつま先が圧迫されて痛くなってしまう場合、足に合っていないのでインソールで調整してあげましょう。

自宅ケア

ハイヒールは脚が疲れます。
滞ります。
長時間履いた日は自宅でケアをしましょう。
オイルマッサージがよいでしょう。
足首を回してから疲れている足裏からよーく揉みほぐしていきます。
ふくらはぎを雑巾をしぼるように下から上へしぼります。
脛の外側も疲れているのでしっかり押圧しながら下から上へあげてあげましょう。
最後に膝裏をよくもみほぐします。
それでも疲れている感じがしたら、就寝前に仰向けで足を上にあげパタパタしたり、足を高くして寝たりと日々ケアしていきましょうね。

最後に

スッキリ脚に見えるモデルさんやCAさんは普段はハイヒールを履いていますが、プライベートでは案外スニーカーだったりぺたんこ靴だったりと楽な靴を履いているもの。そしてヒールの日は脚のケアは怠りません。

そうやって美脚をキープしているんです。

ヒールの日は放置せず日々ケアしていきましょうね(^_−)−☆

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました