開脚が出来ると下半身が変わる!実はこんなにメリットがたくさん

体幹(胸・背中・腰・お尻・お腹)
スポンサーリンク

たかが開脚。されど開脚。

できないならできないでいいんじゃない?そう思っている人もたくさんいそうですが、やっぱり出来るにこしたことはないのです。

開脚できることのメリットはたくさんあります!

 

スポンサーリンク

エネルギー代謝UP

開脚ができるということは、股関節周りの筋肉全体の質がよく柔軟性がある証拠!

開脚に関与している内転筋とハムストリング。この筋肉の柔軟性がなくなり質が悪くなることで一緒に動くはずの股関節周りの筋肉の動きも少なくなります。

股関節周りには大きな筋肉がたくさん!ここが十分に動かされないとなると代謝もダウンします。

開脚ができるということは大きな筋肉をちゃんと使える

代謝の良い体ということなんです!

 

リンパの流れや血流UP

下半身の入り口である鼠径部。リンパ節があったり動脈・静脈・神経などが通る循環に大切な場所です。

ここが詰まってしまうと下半身の流れが悪く浮腫んだり冷え性になったり下半身太りの原因に。

鼠径部周辺にある筋肉が硬くなってしまうと流れにも影響が出てしまいます。

股関節周辺の可動は

下半身の巡りの良さにも関係してくるということです!

 

ビジュアルUP

お腹ぽっこり解消!

内転筋が硬く縮むと股関節内転・内旋・屈曲の作用が起こり骨盤が前傾しやすくなります。

前傾位では腹筋に力が入りづらくなりインナーマッスルが弱くなります。

結果、お腹ポッコリに。

内転筋の拘縮をとることで、腹筋も普段から使いやすく自然とお腹ぽっこりが解消へ!

 

垂れ尻予防!

ハムストリングが硬いことで膝が伸びにくくなります。歩き方も日本人に多いペタペタ歩きになりがち。

臀筋が使われず垂れ尻になりやすくなります。

ハムストリングを使ってしっかり膝を伸ばし歩けるようになれば、日常的に臀筋が使われて綺麗なヒップラインに近づきます!

 

下半身太り解消!

脚の筋肉があまり使われないこと、それによる滞りが起きることで冷えて脂肪がつきやすくなり、さらに浮腫でパンパンに!

女性の下半身太りの大半は浮腫みが原因と言われています。

股関節・脚の筋肉を大きく動かせるようになれば浮腫みが取れスッキリした下半身に!

 

開脚できるということは!

いかがでしたでしょうか?

たかが開脚ですが

開脚がきれいにできるということは、骨盤周辺と脚全体の筋肉の質がすべて良い!ということなんです。

代謝が良く錆びつきや滞りのない体である目安にもなります。

開脚ストレッチを参考に、開脚可動域をあげていきましょう!

失敗なし!安全に開脚が出来るようになるストレッチ
ペターっと開脚できるようになりたい!でもほんとうに出来るようになるの? 失敗せず誰でも開脚の柔軟性をあげられる方法を教えます! 事前チェック まず始めるまえに、どこから緩めていけばいいか?確認してみましょう! ※...

コメント

タイトルとURLをコピーしました