ちゃんと胸式呼吸していますか?胸式呼吸の役割と必要性

全体
スポンサーリンク

呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸があります。腹式呼吸に着目されることが多いですが、胸式呼吸にも大切な役割があります。

朝があれば夜もある。ONとOFFが大切です。

今回はそんな胸式呼吸の大切さについてまとめます!

スポンサーリンク

胸式呼吸とは

腹式呼吸が横隔膜を上下させて酸素を取り入れるのに対し、胸式呼吸は肩を上下に動かしたり胸郭を前後に膨らませて酸素を取り入れます。

酸素をたくさん取り入れたり、普段緊張しがちな心を落ち着かせリラックスするには腹式呼吸は最適ですが、胸式呼吸にも大切な役割があります。

【胸式呼吸の役割】

  • 気持ちを引き締める
  • 体に緊張感を持たせる
  • 肋骨や鎖骨の動きを良くする

体にメリハリが大切なように、呼吸にもメリハリが大切です。常に副交感神経が優位のままではヤル気もでません。ビシ!っと気を引き締める時には胸式呼吸が必要なのです。

 

交感神経

胸式呼吸は交感神経を優位にします。副交感神経を優位にさせてリラックスをすることが良いと言われることが多いですが、筋肉や気持ちに緊張感を持たせたいスポーツやエクササイズ時には胸式呼吸が大切になります。

自律神経は交感神経と副交感神経のバランスが大切です。どちらが良いということは決してなく、ONOFFが大切になります。

朝起きた時にスムーズに交感神経が優位になると目覚めが良いですし、夜眠りにつく時にスムーズに副交感神経が優位になると質の良い睡眠がとれます。

胸郭の動き

胸式呼吸は胸郭にある外肋間筋と内肋間筋の動きにより維持されています。

外肋間筋は息を吸う時(吸気)に肋骨を上げ、内肋間筋は息を吐く時(呼気)に肋骨を下げます。

また、肋骨の動きに関係する筋肉も補助筋として動いています。胸鎖乳突筋・前中後斜角筋・前鋸筋・大小胸筋・上下後鋸筋などがあります。

意識的に胸郭を動かして胸式呼吸をすることで、これらの筋肉も動き猫背や肩こり背中こり改善にもなるのです。

誰でも出来る胸式呼吸

胸式呼吸では胸郭の動きを大切にします。お腹は膨らまないように胸だけを大きく膨らませるように息を吸い、そして萎ませながら息を吐きます。

胸郭は胸の前側だけでなく、背中や鎖骨周りにも筋肉で繋がっています。背中側も大きく膨らませるようにすることと、吸気時には肩を上げ呼気時には肩をストンと落とすように動かしましょう。

  • 胸を前後に膨らませる
  • 肩も連動して動く
  • お腹は引き締めたまま動かさない

まとめ

普段、胸式呼吸をしている方は多いですが大きく胸を広げ酸素を送り込めている方は少ないのではないでしょうか。

胸郭の動きを意識しながら呼吸をして肋骨に付属する筋肉をたくさん動かしましょう。

日中、胸式呼吸が多い私たちは胸式呼吸の質を上げていくことが実は重要なのです!

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったらはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加に登録をお願いします!

ブログランキングにも参加しています。投票していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


きれからのTwitterをフォローしてくれると嬉しいです。
最新記事のお知らせも出しています。
セラピストKaori

関東で女性専用ボディメイクメソッドを教えるインストラクター。
整体師・カイロプラクター・パーソナルジムトレーナー・ヘッド&フットセラピストなど幅広い分野で活動し日々体と向き合う。
専門知識を踏まえた真の「きれいな身体」について考えるボディメイク整体師。

セラピストKaoriをフォローする
全体
スポンサーリンク
セラピストKaoriをフォローする
きれいな身体の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました