太いふくらはぎを細くしたい!原因別の対処法

脚・足
スポンサーリンク

なかなか痩せにくいふくらはぎ。太いふくらはぎは大きく「浮腫み型」「錆びつき筋肉型」に分かれます。

それぞれの性質に合わせて細くする方法を解説します!

スポンサーリンク

タイプ別 原因と対処法

ふくらはぎを触ってみてください。柔らかい方は浮腫み型硬い型は錆びつき筋肉型です。

それぞれの原因と対処法を見ていきましょう。

【浮腫み型ふくらはぎ】

原因

筋肉が少なくリンパが滞り、それが蓄積されて溜まっている状態です。

 

血流も悪くなり冷えて脂肪もついてきます。

あまり運動もせず歩くことも少なかった方がこのタイプに多いです。

対処法

リンパを流す

浮腫みが原因なのでまずはリンパを流し少しでも浮腫みを解消しましょう!

Step⑴温める

浮腫んでいる脚は冷えています。まずはお風呂に入る・運動をする・揉むなどでふくらはぎ全体を温めましょう。

Step⑵流す

①足首リンパ節を流す

足首を回し足元のリンパを流れやすくします。

②脛の骨の内側を流す

ふくらはぎの内側すねの骨の際を下から上へ流します。(浮腫みライン)

反対側の踵で踏み上げてもいいですし、マッサージオイルを使って手でしっかり押し上げてもOK!

③脛の骨の両側を流す

さらに両手をグーにしてすねの骨両脇を下から上へ流します。

④ふくらはぎ中央を流す

膝を立て、4本の指でふくらはぎの中央を下から上へ流します。

⑤ふくらはぎ全体を絞り上げる

両手でぞうきんを絞るようにふくらはぎを下から上へ絞り上げます。

⑥ひざ裏リンパ節を流す

4本の指で膝裏に圧をかけ、離す。を4〜5回繰り返します。

 

リンパマッサージは、必ず下から上へあげていきます。

ふくらはぎの中のどろどろ液体を上へ流すイメージがあればOK!

下半身のリンパ節は足首・膝裏・鼠径部にあります。

ここをよく揉みほぐすだけでも流れやすくなりますよ(^_-)

 

筋トレ

浮腫み型は筋力が弱く、リンパ液や血液を下から上へ戻す力が足りなく重力に負けて滞ってしまいます。

筋力をつけ、普段から筋肉というリンパや血液を流すポンプを強化しましょう!

トレーニングは簡単。気がついた時にかかと上げ下げ。また階段やステップの上でさらに深く動かしてあげると効果大!

効いてくるまで続けましょう!

 

ストレッチ

筋トレのあとは必ずストレッチを行ないましょう。

そのまま放置は筋膜癒着などが起きやすくなります。

ふくらはぎは2種類あるので、それぞれ個別にメンテナンスしてあげるのがおススメ!

詳しくはふくらはぎのストレッチの記事を読んでください(^_−)−☆

 

【錆びつき筋肉型ふくらはぎ】

原因

ふくらはぎの筋肉はあるけど質が悪い状態です。

筋肉同士が癒着を起こし、その影響でふくらはぎだけに限らず足首や太腿も硬くなりがちです。

過去、スポーツなどでふくらはぎの筋肉をよく使っていたけど、ケアをしないまま運動をしない生活になってしまったという方に多いです。

 

対処法

ストレッチ

質の悪くなってしまった硬い筋肉のままではリンパを流そうとしても痛みがでてしまったり、

そのまま筋トレをしても効果が出にくいのです。

まずは少しずつストレッチで筋肉の錆びつきをとってあげましょう。

ストレッチは「浮腫み型ふくらはぎ」のストレッチと同じです。参照してくださいね(^_−)−☆

リンパを流す

リンパを流すのは筋肉が柔らかくなってから。というわけではありません。

ストレッチをしつつ、これ以上滞らないように少しでも流してあげましょう。

このタイプはこつこつ気長にこの繰り返しです!

リンパ流しの詳細も浮腫み型と同じですので参照してくださいね(^_−)−☆

 

プラスαアドバイス

慣れてきたら、普段の歩き方にも意識して常にふくらはぎを使っていくことが理想です。

美脚ウォーキングも参考にしてみてくださいね^^

ふくらはぎだけでなく全身のメンテナンスになってきますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました