華奢な女性要注意?腕が痺れる胸郭出口症候群

首・肩
スポンサーリンク

腕や手がなんだか痺れる。ピリピリだったりジーンとしたり。腕が重だるくなり力が入りにくい感じがしたり。

これは胸郭出口症候群の症状です。

なで肩の女性に多いと言われている胸郭出口症候群ですが、猫背や腕を上にあげる動作でも起こります。

詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

胸郭出口症候群とは?

胸郭出口症候群とはその名の通り胸郭の出口付近で起こる疾患で、筋肉や骨格によって神経や血管を圧迫し痺れや脱力感などを感じるものです。

腕神経叢(腕の神経たち)は頚椎から出て血管と共に筋肉や骨の間を通り腕に伸びています。

その途中の経路で何かしらに圧迫されることで腕や指先にしびれを感じたり手に力が入らない脱力感を感じるのです。

 

原因となる部位は?

腕神経叢や血管を圧迫する部位はいくつかあります。

斜角筋(斜角筋症候群)

斜角筋には前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋と3種類あります。

頚椎から上腕に伸びる腕神と血管は前斜角筋と中斜角筋の間を通っています。

この斜角筋が拘縮することで腕神経叢や血管が圧迫されてしびれ感がでます。

下を向く姿勢や、首を傾ける姿勢が多い方などが発症しやすくなります。

 

肋鎖間(肋鎖間症候群)

肋鎖間とは、肋骨と鎖骨の間のこと。腕神経叢と血管は斜角筋を通った後、鎖骨と第一肋骨の間を通ります。

なで肩や猫背姿勢の方はここが狭くなり神経と血管が圧迫されやすくなります。

他にも怪我などによるアライメントの崩れなどでも起こると言えます。

 

小胸筋(過外転症候群)

斜角筋→肋鎖間と通った神経と血管は小胸筋の下を通り、上腕へ向かいます。

小胸筋の使いすぎまたは発達で圧迫されやすくなります。

腕を上げて作業をする仕事をしている方、筋肉が発達して胸板が厚い男性の方に多く発症します。

そのほかにもデスクワークで常に猫背だったり、つり革につかまる体勢などでも起こります。

 

判別の仕方(検査法)

斜角筋(斜角筋症候群)

脈を確認しながら腕を少し後ろへ伸ばし、患部側と逆側に顔を向けます。

患部側を向いた時にしびれ感、または脈拍の減少・消失があった場合は前斜角筋で陽性となります。

患部と逆側を向いた時にしびれ感、または脈拍の減少・消失があった場合は中斜角筋で陽性となります。

 

肋鎖間(肋鎖間症候群)

脈を確認しながら腕を後下方へ伸ばしそこから内側へ動かします。

しびれ感または脈拍の減少・消失があった場合は肋鎖間で陽性となります。

 

小胸筋(過外転症候群)

脈を確認しながら腕を上にあげ少し後ろへ引きます。

しびれ感または脈拍の減少・消失があった場合は小胸筋で陽性です。

 

対処方法

症状があまり重くない場合、自宅での対処で改善をめざしましょう。

首肩まわりの筋肉をほぐし、症状が緩和するまで極力負担の少ない生活を心がけましょう。

しびれを我慢してストレッチ・体操を頑張らないように気をつけましょう。

負担を減らす

重いものを持つ、重いバッグを肩にかける、腕を上にあげるなどの動作は症状が回復するまで極力避けるよう心がけてください。

また、腕を下におろすよりは少しでも腕の重さを軽減するような工夫をすると良いでしょう。(腕をどこかに置く・反対側の腕を持つ・ポケットなどに手を入れるなど)

温める

お風呂で温まることで、筋肉も柔らかくなり血流もよくなり緩和に役立ちます。

ストレッチ&体操

原因となる首肩まわりの筋肉の緊張をとってあげましょう。

斜角筋ストレッチ

斜め上を向き、首から鎖骨にかけてゆっくり伸ばし、上から下へ軽くさすってあげます。神経が近いのであまりゴシゴシやらないこと。

小胸筋ストレッチ

壁を使います。腕を壁につけ、脇の前側をゆっくりと伸ばすように体を動かしましょう。

肩まわし体操

鎖骨・肩甲骨をよく動かして筋肉や骨格のバランスを整えます。

指を肩にあて、肘で大きく円をかきます。前、上、後ろ、下 とすべてに大きく回しましょう。

 

最後に大切なこと

腕のしびれが出る症状は胸郭出口症候群の他にも様々な原因があります。

しびれが強い場合、長引く場合、他にも症状がある場合などは我慢せず専門機関を受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました