万病の元!内臓の冷えにホット生姜りんご&ホットヨーグルト

食材・栄養・料理
スポンサーリンク

寒い季節になると冷えてくる身体。注意しなくてはいけないのが内臓の冷えです。

内臓の冷えは万病の元。風邪を引きやすい寒い季節には手足は冷たくても内臓だけは冷やさないように気をつけなくてはいけません。

スポンサーリンク

内臓冷えの恐ろしさ

寒い季節に手足が冷たくなるのは大事な内臓を温めるために末端の血管を収縮させ血流を制限しているから。これにより内臓に血液が集中するので内臓の温度は保たれます。これは生まれつき体に備わっている素晴らしい機能なのです。

もともと血管の細い女性は少しの血管収縮で手足が冷たくなりやすく、冷えて辛さを感じる方も多いとおもいます。ですが、末端の冷えはさほど心配はいりません。(もちろんしもやけなどには注意して温めてくださいね)

そんな末端の冷えよりもっと深刻なのが内臓の冷えです。

内臓が冷えてしまうと免疫力が落ちて風邪を引きやすくなったり代謝が落ちて胃腸や婦人系の機能がダウンします。

インフルエンザやノロウイルスなど怖い感染症が流行るこの季節は内臓の冷えは要注意。免疫が落ちて感染しやすくなってしまいます。

 

ホット生姜りんご&ホットヨーグルト

そこで冬の内臓の冷えにおすすめなのが「ホット生姜りんご」と「ホットヨーグルト」です。

どちらも身体を冷やさずに免疫力を高める効果があります。相乗効果を狙ってこの2つは同時に食べることをお勧めします!

【ホット生姜りんごの作り方】

  1. りんご1/2を皮ごと食べやすい大きさに切り、その上に生姜をすりおろします。
  2. ラップをしてレンジで2分間温めます。
  3. 完成!

【ホットヨーグルトの作り方】

  1. 別容器にヨーグルト100〜200gを入れて600wのレンジで30秒〜40秒温めます。
  2. レンジから出したらスプーンで滑らかに混ぜます。
  3. 完成!

朝の忙しい時間でも、疲れた夜にでも作れる簡単レシピです。

この2つは別々に食べてもOK。ヨーグルトにホット生姜りんこをトッピングしてもOKです。

甘さが足りない方は蜂蜜を少量かけても良いでしょう。

食べたあとは内臓がポカポカしてくるのを感じられるはず!

効能・効果

ヨーグルトは冷たいままより温めた方が乳酸菌の働きが活発になり腸内環境が整い免疫力があがります。

りんごも同じく生の状態より温めた方が善玉菌を増やす働きが上がります。

ヨーグルトとりんごの相乗効果で冷えて機能が悪くなった腸内環境は好転。

プラス生姜の健胃・整腸効果と血行促進効果で内臓がさらに温まり活発に働きだします。

食べるタイミングはいつでも大丈夫ですが、夜食べると免疫力アップに、朝食べると代謝アップに効果的です。

まとめ

冬になると風邪を引きやすい、体調を崩しやすいという方は内臓の冷えからくる免疫低下かもしれません。

1日に1度、ホット生姜りんごとホットヨーグルトいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったらはてなブックマークこのエントリーをはてなブックマークに追加に登録をお願いします!

ブログランキングにも参加しています。投票していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


きれからのTwitterをフォローしてくれると嬉しいです。
最新記事のお知らせも出しています。
セラピストKaori

関東で女性専用ボディメイクメソッドを教えるインストラクター。
整体師・カイロプラクター・パーソナルジムトレーナー・ヘッド&フットセラピストなど幅広い分野で活動し日々体と向き合う。
専門知識を踏まえた真の「きれいな身体」について考えるボディメイク整体師。

セラピストKaoriをフォローする
食材・栄養・料理
スポンサーリンク
セラピストKaoriをフォローする
きれいな身体の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました